パブロ考察

筆♂使い

更新と今後の方針について

 ・更新

皆様、更新が大変遅くなってしまい申し訳ありません。


理由としては、私の Splatoon へのモチベーションが皆無になってしまった時期が続いたためです。
というのも、前回の冒頭の通りスプラ甲子園に向けて日々練習をしていました。

 

そのスプラ甲子園 ジャンフェス、関東

どちらとも落選いたしました!!

 

f:id:hurlin1120:20170210111635j:plain


そう・・・厳正なる落選です。

 

スプラ甲子園 0 回戦が一番の強敵とはよく言ったものです。

 

モチベーションがトロットロに溶けてしまい、
しばらくマイクラ、FGO、パズドラにこもってました←

FGO、パズドラのフレ募集中ですヽ(*´∀`)ノ

 

戻れたきっかけは Splatoon2 の公開映像です。
色々なブキ、サブ、スペシャル、ステージ、新仕様と楽しみな要素が盛りだくさんでしたね!!
また、前作のブキは全て登場すると発表があったので!

 

祝!!

パブロ続投!!


ただ、危惧している点がありまして、パブロはあのスピーディな射撃戦、高低差の激しいステージ、スペシャルの中、生きのこることはできるのか・・・それだけが心配です・・・

きのこりたい!!

やっぱりパブロは 3確にするべきなんだ!!間違いない!!←

 

 

・今後の方針

前回ステージ紹介からはじめるとしましたが、よくよく考えるとですね・・・

ステージ紹介するにも資料作成が思いのほか必要でとても作成している時間はないという結論に至りました。
また、資料を作成してもわかりにくいという点は変わらないという支障も出てきそうです。

では、どうするか

 

こちらに動画を上げていきます。

www.nicovideo.jp

 

既にモンガラキャンプ場エリア、初動右側の立ち回りは動画として投稿しています。

 

そのように [ステージ] [ルール] [立ち回り] というコンセプトで動画を作っていこうと思います。

 

その都度、ブログ、Twitterでご報告させいただきます。
動画、ブログ、Twitterに質問等いただければ都度お答えできると思います。
動画に質問をいただいた際には次回の動画にコメント紹介として載せようと思っています。

また、おすすめのギア構成等も紹介していこうと思います。

 

・おまけ

こんだけじゃあ更新していない間何してたんだ!!
考察してたのか!!

って話になるのでおまけとしてオススメの純ブラギア構成を一つ紹介します。


こちらです。

そう!
イカ速、スペ増、スペ延1.3装備!!

f:id:hurlin1120:20170210112357p:plain

 

これさえあれば神器なんていりません!!
純ブラで全て解決!それが一番ダウニキガチャを安価に済ませる秘訣です!

 

ちなみにこのギア構成はデカラインでとても活躍できます。

対抗戦では

  7キル 0デス 勝利 2回
14キル 6デス 勝利 1回

と高成績を叩き出すギア構成です。
ちなみに 7/0 の1回はリスキルまで追い詰め、勝利しています。

やりすぎた…

 

実際にこのギア構成で対抗戦をした動画も将来的に投稿しようと思っているのでよかったら参考にしてみてください!

では!また次の更新で!
なるべく早くします…

 

 

ギア考察

いやぁ、更新がだいぶ遅れてしまい申し訳ありません。
ウラ甲子園の練習や大会があったため手を付ける暇がありませんでした。
そのウラ甲子園もDブロック3回戦落ちとなってしまいました…
抱え落ち多すぎ、対面勝てなくて荒らせなかったのがいけないっすねぇ…相手の96デコの乱数が良すぎた…←

ただ、いい機会になったと思います。
甲子園の練習にもなりました!次のウラ甲子園、甲子園に向けて精進します!


さて、やっと本題ですが今回はギア構成について紹介していきたいと思います。

基本

パブロのギア構成はひとつのコンセプトに向けて構成すると作りやすいです。
例:ダイオウイカを多く使いたい!
  →スペシャル延長orスペシャル増加

  対面強くなりたい!
  →攻撃or防御 

逆に複数のコンセプトを盛り込んで構成するとなにもできなくなるので注意しましょう。
また、ひとつのコンセプトに固めるため、対策がとられやすいので複数構成を持っていると かく乱に使えて便利です。

そして、コンセプトを考える上で一番大切なのは

相手が嫌がることを考える

です。

このゲームはどれだけ対戦相手に嫌な思いをさせるかです。

 例でいえばスピコラがポイズンバリアしてきたら燃やしたくなりますよね

それと同じで相手に「嫌な構成!」ってどれだけ思わせるかが大事です。

性格スピコラですね。←

 

ギアパワー

※あくまでコンセプトに取り入れる場合の値です。
コンセプトに入らない場合は積まないとしてください。

 

f:id:hurlin1120:20161102121032p:plain 攻撃 

最大値:1.5or2.2
最低値:1or0.3
最大値まで積むと擬似確3、運がいいと擬似確2までもっていけます。
最低1or0.3積んでおくと相手に防御がいても確定数がズレにくくなります。

  

f:id:hurlin1120:20161102121035p:plain 防御

最大値:2.9
最低値:1.3or1.6
3.9まで積んでしまうと一切身動き取れないのでオススメできないです。
まぁ最大で積んでも2.9かなぁという感じ。
私として好ましいのは1.9or1.6
防御を積む理由としては、パブロは塗りブキのため、できるだけ生存しないといけません。
ただ、前線に出てしまうとシューターと対面する機会は増えます。
そういった際に防御を積むと相手の確定数をズラすことができます。

例:防御1.9積んだ場合
攻撃1.3のスシコラを確4
攻撃1.4の52、96を確3

また、クイボ持ちにも強く当たることができるためオススメです。

 

f:id:hurlin1120:20161102121033p:plain イカ移動速度

最大値:???
最低値:1or0.3

イカ速に関しては個人の自由です。
いくらでも積んでください
速いに越したことはないです。
ただ、最低でも1or0.3積みたいところです。
私の好みは1.3or1.6です。

 

f:id:hurlin1120:20161102121028p:plain スペシャル増加

これは積めるだけ積んでください。
積んだだけスペシャル回転率は上がります。

 

f:id:hurlin1120:20161102121023p:plain スペシャル延長

最大値:2or1.3
最低値:1or0.3
無積みのダイオウの継続時間は4秒ですが、メイン1で5.9秒メイン2で6.65秒まで延びます。
秒数見るとそこまで変わってないように見えますが、実際使ってみると体感すっごい長いです。
とてもおすすめのギアパワーですね。

 

f:id:hurlin1120:20161102121018p:plain ボム飛距離

ステージによってですが積むとスプラッシュボムが遠くに投げれます。
だからなんだと思われがちですけど、今までのパブロはスプラッシュボムがなければ遠距離攻撃はできませんでした。
その唯一の遠距離攻撃がさらに射程が伸びると考えたらとても有用ですよね。
メインに1積むだけでかゆいところに手が届くようになります。
なかなかおすすめです。

 

f:id:hurlin1120:20161102121026p:plainf:id:hurlin1120:20161102121036p:plainf:id:hurlin1120:20161102121025p:plain イカニン、ステジャン、マキガ

各々すきにつけちゃってください(投げやり)
私はもうマキガはいらない気はしますねぇ。

 

f:id:hurlin1120:20161102125320p:plainf:id:hurlin1120:20161102121030p:plainf:id:hurlin1120:20161102121038p:plainカムバック、復活短縮、うらみ

これは1セットで考えたほうがいいのであまり追求はしないです。

 

インク系統

パーマネントだとボムによるインク消費が激しいため、サブインク効率アップなどは有用だと思いますが、そのためにギアスペースを取るのはもったいない気がして私は一切積んでいません。
できる限り立ち回りカバーとしています。

 

ギア構成

できる限り純正ブランドを選んでいますが、必要な場合はダウニキに血反吐吐きながら頼むしかないです←

 

攻撃1.5、イカニン、ステジャン

 

f:id:hurlin1120:20161102130733p:plain

すべてのパブロに使える便利なギア構成です。

頭に関しては攻撃かイカ速度を粘ってみてください。

奇襲、潜伏をコンセプトにできるだけ早くキルしたいので攻撃は最大値としています。

ちなみにイカニンはマキガでもいいです。お好みでどうぞ。

 

延長1.3、攻撃1、スペ増1、イカ速0.6

f:id:hurlin1120:20161102131236p:plain

ヒュー、パーマネント専用ギアですね。

ダイオウを最大限活かすコンセプトになります。

スペシャル回転率もよく、対面負けしないように攻撃は最低値積んでいます。

かなりおすすめですね。

 

防御1.6、攻撃1.3、イカ速1

f:id:hurlin1120:20161102131524p:plain

防御で敵をメタりながら、こちらは相手の防御対策もできるという対面勝ちしやすく、生存しやすいギア構成になります。

相手にシューターが多い場合、防御積みが多い場合にどうぞ。

 

対クイボ持ち

f:id:hurlin1120:20161102131731p:plain

半分ネタです←

しかし、クイボをメタることによりバケツのクイコンを耐えたり、クイボリッターのセンサー込みクイボラッシュを耐えられるので、相手がバケツ、リッター編成などの場合に使えます。

 

スペ増2

f:id:hurlin1120:20161102132005p:plain

スペシャル回転率の高いギア構成です。

頭は適当にどうぞ←(解説が適当)

頭をスペ増でも全然構わないです。

最低限の攻撃、イカ速は満たしていますからね。

 

ボム飛2

f:id:hurlin1120:20161102132258p:plain

パーマネント専用ですね。

スペ増ギアと同じように頭は好みでどうぞ。

ホッケ埠頭などでとても活躍できるギア構成です。

間違っても素、ヒューを持ってはいけませんよ!!

 

カムバうらみゾンビステジャン

f:id:hurlin1120:20161102132504p:plain

できるだけ復活短縮をサブにつけましょう。

ダウニキ土下座案件ですね。

カムバックは復活してから約20秒以下の効果が付与されます。

・インク効率(メイン、サブ両方)
・インク回復力
・ヒト速度、イカ速度
スペシャル増加量アップ

それぞれメイン一個分上がります。

また、うらみはデスした際にキルした相手にセンサーを付与するだけでなく、自分にセンサーが付いている間、以下の効果が付与されます。

・攻撃、防御(メイン2個分)
・ヒト移動速度アップ(メイン1個分)

両者の効果が付与されると最強のイカちゃんになります!

それだけです←

相手がスペシャル打開強い構成だと、ゾンビは有用な作戦なので検討してもいいと思います。

 

以上になりますかね。

ぜひこれ以外にもこんなのいいよ!!っていうのがあればコメントでもDMでもリプでもいいので教えてください!

 

最後に

ホントに更新遅れてしまい申し訳ありません。

できるだけ更新したいんですけど、平日に暇がなくって・・・

まぁ、後ひとつの要因は2000文字以上書いた記事をWindowsUpdateに消されたことぐらいですかね←

みなさん、WindowsUpdateの自動インストールはオフにしましょう!←

 

次回からはステージごとの解説をしていきます。

最初はデカラインあたりからですかね。

はい!ではまた次回!

基本的な立ち回り、ブキ解説

いやーNintendoSwitch公開されましたね!!

祝!Splatoon2決定!

 

持ち運びのできる撲殺ブキは以前にもありましたが←

f:id:hurlin1120:20161022122759j:plain

以前より簡単な持ち運びができるハードということでオフ会などでも気軽に持ち運べそうでとても楽しみです。

なにより、リスポン地点のイカ→人への変化時のモーション変更、髪型変更可能?みたいなのが見れたのはモチベーションが上がりますね!

f:id:hurlin1120:20161022123744j:plain

このローラーの重みを感じるモーションというのはすばらしいです。

 

ただ、

もちろんパブロは続投ですよね?

期待してます←

 

さてさて、本題に入ろうと思います。

第2回目はパブロの基本的な立ち回り解説とブキ紹介をしていこうと思います。

※注意です。

詳しい立ち回り解説についてはステージごとに異なりますので、ステージごとの立ち回り解説をお楽しみに!←

 

基本的な立ち回りについて

・キルよりも塗り意識

パブロは塗りブキです。

そして、メインのキル性能は低く、正面から当たれば

哀れ、パブロは爆発四散!オタッシャデー!

 となります。

ですので、まずは塗る

「キルの悦びを知りやがって!許さんぞ!塗るんだよ俺は!」

精神で問題ないです。

 

・ヘイトは最小限に

パブロというブキがなぜ裏取り、潜伏という立ち回りが基本になったかというのはメインのキル性能の低さにあります。

パブロの弱さに記載したとおりメインを振っている間というのは無防備で、ヘイトが集まりやすく、キルを困難なものにします。

そのため、ヘイトを向けられず、如何にやりたいことができるかが重要になります。

まぁ暗殺するにはどうすればいいかって考えるのが簡単かもしれません←

 

・裏取り、潜伏のタイミングを把握する

これに関してはほぼ経験則になります。

ただ、エリアを取らなきゃいけないタイミングで裏取り、潜伏する必要はありませんし、逆に仲間が全オチしているタイミングで塗っていてもキルされるだけなのでリスポンに帰るなり、潜伏するなりしないといけません。

大切なのは

その場その場でやることやる!

です。

 

立ち回り一覧

私なりに立ち回り区分を分けていまして、それは以下になります。

 

 ・キル特化型

前線にガンガン出てひたすらヘイトを稼ぎます。デスなんて知るか!!って感じの。

こちらはもう一般的なパブロではなくシューターと同列と見たほうがわかりやすいです。

 

・塗りサポート型

ダイナモと同様に後衛で塗り固める立ち回りになります。

 

・裏取り潜伏型

潜伏キルを狙ったり、裏取りによる奇襲攻撃を得意とする立ち回りになります。

 

初心のうちは塗りサポートによる塗り方、サポートの動き方を意識し、裏取り潜伏による攻撃方法を学びましょう。

キル特化しようとすると確実に戦犯リストに載ります。

ただし、S+やカンストになると上記の立ち回りを状況に合わせて変えていく必要があります。

 

ブキ解説

パブロf:id:hurlin1120:20161022020418j:plain

サブ:スプリンクラースペシャル:トルネード

サブスペのとおり塗り特化しています。

塗りによる制圧力はパブロ内随一でしょう。

この子、"塗り"能力は高いのですが、一方でキル性能は底辺に近いです。

というのも、ほかのパブロはサブスペがキル性能を有していますが、この子はメインでしかキルができません。(偶発を除く)

そのため、立ち回りは基本潜伏、裏取りを行い、スプリンクラーによる自動的な塗りをしつつ、トルネードでカウントストップ、ペナルティの押しつけを図るブキとなります。

ちなみにこれだけ塗能力の高さを評価していますが、ブキチの解説では

塗りも攻撃力も 期待できないでしが、
サブのスプリンクラーと スペシャルの
トルネードで、相手をかくらんするでし!」

 塗りも攻撃力もないってセールスポイントゼロなんですがそれは・・・

 

パブロ・ヒューf:id:hurlin1120:20161022020418j:plain

サブ:トラップ、スペシャル:バリア

 f:id:hurlin1120:20161022020717j:plain

 コブラじゃねーか!

 

 はい、茶番は置いといて。

トラップはなかなか使い勝手が難しいサブではありますが、ステージによっては猛威を振るいます。

また、無敵のバリアによる塗り維持能力に長けたブキといえます。

無敵持ちのパーマネント・パブロとの一番の違いはやはり

「無敵中にメインで塗れる」

ことです。

例とすれば、ダイオウ持ちのパーマネントがタイムアップ手前にダイオウを使ったところで塗ることはできません。

ですが、ヒューのバリアであれば無敵中にメインで塗ることができます。

そんなヒューの立ち回りは「塗り意識高めのキル取り兼サポート要員」

バリアによる無慈悲な塗りを押し付け、仲間のサポートを如何に行えるかが重要になります。

 

お願いだからバリアを弾かないで・・・遠くに行っちゃう・・・

 パーマネント・パブロf:id:hurlin1120:20161022020418j:plain

サブ:スプラッシュボム、スペシャル:ダイオウイカ

ブキチが珍しく仕事をした一品です。

サブのスプラッシュボムは塗りはもちろん、今までのパブロでは手の届かない痒いところに届くようになりました。

また、スペシャルのダイオウイカはパブロの塗り能力にマッチングし、ほかのブキでは実現不可能なスペシャル回転率を誇ります。

立ち回り面に関しても万能なブキで、キルと塗りの立ち回りを切り替えて行うことができます。

また、前線で正面から撃ち合いをできる性能を持っているため、

前線で戦ってたパブロがいつのまにか姿が見えなくなったと思ったら裏取りされていた・・・

など、非常にトリッキーな立ち回りも行うことができます。

そして一番すごいところは、いままでのパブロではできなかった

「前線でメイン、ダイオウによる荒らし、高い塗能力のメイン、ボムによるエリア管理というパブロが一人で全てを行う>立ち回り」

が可能になりました。

このように状況によって変えることのできる立ち回り、相手の動きに捕らわれず変調しつづけることのできる立ち回りは非常に厄介と言えるでしょう。

 

最後に

どんな立ち回りをするかっていうのはステージごと、戦況によって切り替わります。

その切り替わるタイミングを把握し、柔軟に対応できるのがパブロだと思っています。

なので、ガチマでひたすら味方の動きを見て合わせる、サポートするっていうのが練習になりそうですね。

 

余談ですが、一人一人後ろから静かにキルしていく・・・忍者みたいでかっこいいですよね←バシャバシャ音出ちゃいますけど。

 

また2000文字オーバーです…学生のころの読書感想文をひたすら書いてると思うと自分でもびっくりです。

でも2000文字超えても説明しきれないし、まだまだ書きたいことあるってすばらしいな!っていう嬉しい悲鳴。

 

次回はギア構成について解説したいと思います。

待ちに待った方もいらっしゃると思うので次回は画像多めです←

パブロとは

第一回目として、パブロというブキがどういうブキなのか

解説していきたいと思います。

 

一般認識とパブロ使いの認識

パブロというと、どのウデマエ帯でも共通認識として挙げられているのは以下になると思います。

 

・塗れない
・キルできない
・メインが貧弱
ガチマに持ってくんなks

             etc...

 

ですが、パブロ使いからすれば

 

ダイナモに負けないくらい塗れる!

・メインはキルするためのものではない!

・攻撃性能もギア次第で変わる!

ガチブキなんだから、ガチマに持っていったっていいじゃないか!!(半ギレ)

 

これくらい認識は違います。

そりゃ、「パブロ使いってマジ?」って言われますわ。

 

パブロの強み

メインの塗り性能

ローラー種特有の横に広い塗り

ジャンプ→3回振る→イカ状態で進む→ジャンプ→3回振る→イカ状態で進む

を繰り返すとインクを消費することなく塗り進むことができるため、継続的な塗りはSplatoon随一の性能となっています。

 

メインのキル性能

メインによる攻撃性能は攻撃を1.5or2.2積むことによって擬似確2発まで上げることができ、ホクサイを上回るキルタイムとなる。

 

・ギアの自由度

ギアに捕らわれることが少なく、自由なギア構成にすることができる。

イカ速以外のギアに捕らわれることはなく、自由にギアを選択することができます。

他ブキでは考えられないほどバリエーションを増やすことができます。

 

・無敵対応能力

無敵に対して時に強気に対応することができる。 

ダイオウに対しては弾き続け、ダイオウの終わりにキルするなんてことはざらではありません。

また、バリア持ちに対して筆ダッシュによるかく乱はとても有効的な対応となります。(ただしスピコラ、お前はダメだ)

 

スペシャル回転率の高さ

パブロが一度に塗り進む塗りポイントは約30ポイントほど

これを初動で行った場合、開始15秒ほどでダイオウがたまります。

つまり、200ポイントの塗りを約15秒で行うことができ、敵のスペシャルがたまっていない状況で無敵のダイオウを使うことができるということ。

また、エリア1試合に使用することができるダイオウの回数は平均して6~8回、これにかかる塗りポイントは1200~1600ポイント、無敵時間24~32秒となり、エリア5分間のうち30秒以上ダイオウになることができます。

スペシャル関係のギアは一切積まない

 

パブロの弱み

 ・カーボン、バケツ、バレル、スピナー相手はとてもツラい

一つ一つ対処する手段を構えていれば対抗することは可能ですが、パブロが相手にするにはリスクが大きすぎます。

 

カーボン・・・先手を取られたら確実に負け、先手を取ってもキルタイムで負ける。

バケツ・・・クイコンによるキルタイムが速すぎるため、正面から当たると確実に負ける。

バレル、スピナー・・・上二つに比べて対応はできますが、近づくまでの工数がかかりすぎるという点、近づいたはいいものの無敵を持っていることが多い点

 

これらはどれも"対応しなければいけない"状況以外は避けて通ることをオススメします。できればダイオウもって対応したい相手ですね。

 

"塗り"と"キル"を同時に行うことはできない

強みであげた3回振って進むという塗り方にはひとつ欠点があります。

というのもパブロが敵をキルするのに必要な確定数は4発、塗る際に振る回数は3発

 

おわかりですね?

 

塗って進んでいる最中に"偶然潜伏していた敵に攻撃してしまった"という状況で3発当てていたとしても、"塗る"という作業をしているので次の動作に移っています。

次の動作となるのはイカ状態となり、残りの1発を当てることができないのです。

上記がカーボンだった場合はもちろん即死です。

 

また、通常の塗っている最中も同じです。

ダイナモが振る際の動作に大きな隙ができるのと同じように、パブロが振って塗っている最中というのはとても無防備です。

潜伏や裏取りのような見つからないことが前提の立ち回りの場合、姿を晒してしまう動作となります。

 

ほかブキとの比較

ホクサイ

よく言われますよね。

「パブロ使うならホクサイ使えばいいじゃん」

パブロ使い、ホクサイ使い両者とも「は?」ってなる言葉です。

違う点は以下になります。

 

1.振り速度

2.攻撃性能

3.塗り範囲、インク消費量

 

1に関してはこんな言葉があります。

「パブロ筋とホクサイ筋は違う」

振り速度は圧倒的にパブロのほうが速いです。

振り速度あってこそのパブロが持ち味を殺せといわれている気分になりますね。

 

2は、ホクサイのほうが基本的なキル性能は高いです。

ですが、強みであげたとおり攻撃ギアを積んでいた場合、"振り速度"の差でパブロに軍配が上がります。

 

3ですが、パブロの飛沫は扇形で隙間無く塗ることができますが、

ホクサイの飛沫は左、前、右の3方向に飛ぶことによって床インクに隙間ができます。

パブロ使いのボクからすれば「気持ち悪い塗り」です。

また、メインのインク消費量が違い、パブロのほうが長く広範囲を塗れます。

 

ダイナモ

塗りブキのライバルです。

ダイナモとパブロの違いはやはり、塗り能力とキル性能です。

実はパブロのほうが塗り合いは強いんです。

例として、ハコフグ倉庫やアロワナモールのエリアを取り合ったとします。

パブロはダイナモの一振りでは追いつかないほどの範囲を一瞬で塗ることができるため、お互いが塗り合うという状況ではパブロのほうが塗り能力が高いのです。

 

次に、キル性能ですが

やはりお手軽キルはダイナモですよね。

こればかりはダイナモのほうが優れています。

が!勘違いされている方が多いんですが

パブロはダイナモをキルできます。

メインでのキルはもちろん取れますし、ダイナモにはない無敵のスペシャルで優位に立ち回れます。

 

最後に

一般的な認識と実際の認識が異なっているのが現状のパブロの扱いとなっています。

それを如何に「パブロはやれるんだぞ」というのを見せられるかが野良に関わらず、対抗戦や大会でも重要なポイントだと思います。

まぁ、せめてS+帯くらいは沼認識がなくなるといいなぁなんて…

 

非常に長くなりましたが第一回目は以上になります。

 

次回はパブロごとの立ち回りを紹介していこうと思います。

(次回はこんなに長くならないはず…)

 

 

はじめに...

どうも、ふうりん です。
ご存知?のとおりパーマネントパブロでカンストしています。

今回このようなブログを設けた意図としては

1.パブロは決して弱いブキじゃないよ!
2.こういうふうに使ったら使いやすいよ!

っていうのを伝えられたらなという思いから筆を執ることにしました。←誰がうまいこと言えと

また、今後の計画としては

1.ブキ紹介
2.立ち回り
3.ギア構成
4.ステージごとの立ち回り

を紹介・解説していけたらなと思います。

興味があれば読んでみてください!